平成11年9月 社会福祉法人 芙蓉会 大鳥居保育園 開設
児童福祉施設としての地域における社会福祉の増進を図ります。
資質の向上及び職員全体の専門性の向上を図るように努めます。
職員は自己の研鑽に努めると共に、児童福祉施設として、乳幼児の最善の利益を考慮し、豊かな人間性を持った子どもを育成する。
一つ・一人一人の子どもの命を守り、育ちを支えると共に、保護者の子育ても支えます。
一つ・子どもと子育てにやさしい地域づくりに努力します。
@ 一人一人の子どもの命を守り、育ちを支えると共に、保護者の子育てを支援し、併せて地域の子育てや家庭に対しても支援を行い、子どもと子育てに優しい地域づくりを目指します。
家庭や地域との連帯を密にして、養護と教育を一体的に行い、子どもの健全な育成を目指します。
A どの子に対しても真に平等な心であつかうように努めます。
B ひらめいた子どもの第一感を実行します。
C 子どもの排泄の世話や食事を与えることに注意します。
ぬくもりのある家庭環境の中で、子どものさまざまな要求を満たしながら生活に必要な基本的生活習慣や態度を養うと共に人間形成の基礎を培います。
また、家庭と保育園が車の両輪のように連携を保ちながら子どもの豊かな人間性を育て、社会の一員として成長できるように保育することを目標とします。
健康な体づくりを目指す
豊かな心を育てる
意欲的な子
表現力を育てる
丈夫な子
通常保育:午前9時〜午後5時
開園時間:午前7時〜午後6時50分
四季を通して、園外保育(散歩)を多く取り入れ、体験学習も行っています。毎朝天気のよい日は各自のペースでマラソン(園外)をしています。体育指導者による、体育あそびも行っています。栽培・収穫の体験、物の命、感謝の心、働く喜び、元気な体を作るため食物を選ぶ能力、食に対する重要性を認識し、自覚する能力を育てる保育、行事を通して地域とのふれあい、子育て支援(相談)もしていますのでご来園下さい。
通常の保育を午後6時50分まで延長します。また、午前7時からの早朝保育も実施しています。
※延長保育負担金 月額一人2,500円
家庭での保育が一時的に困難になった場合に、保育所で保育します。
断続的保育サービス・・・保護者の短期の仕事などの場合(週3日を限度)
緊急保育サービス・・・保護者の病気、出産などの場合(連続14日を限度)
育児リフレッシュ保育サービス・・・保護者の育児に伴う心理的、肉体的負担の解消(週3日を限度)
※保育時間 午前9時〜午後5時
障がい児と健常児を一緒に保育し、相互の健全な育成を図ります。
※一時保育負担金 一日一人3歳以上1,500円 未満児2,000円
▲ このページのトップに戻る